Information
お知らせ
新型コロナウイルス感染症対策に関するお知らせ

弊社ではお客様に安心してご来場いただけるよう、細心の注意を払って感染予防対策に取り組んでいます。

詳細はこちら>

富山県 KA様邸・お客様インタビュー

INTERVIEW

お客様インタビュー
 
 

お気に入りの天然木テーブルでブレイクタイム、
豊かな時間を過ごしています。

富山県 KA様邸

なぜ家を建てようとお考えになったのですか?

賃貸住宅に住んでいましたが、隙間風が入りとても寒く住みづらいと感じていました。
毎月支払っている家賃を住宅ローンに切り替えて、マイホームを持った方が賢明だと思ったからです。

家を建てることになって最初にしたことは何ですか?

まず、ありとあらゆる代表的な常設住宅展示場をいくつも見学したところからスタートしました。

株式会社さくらを知ったきっかけは何でしょうか?
またさくらの印象を教えてください

父がさくらさんとご縁があり、営業部の野田さんに取り次いでもらいました。 展示場見学巡りの最後にさくらさんのモデルハウス「スマートハウス2030」を内見させていただき、高気密・高断熱・換気にも配慮されて、電気を自給自足できる高性能の未来の家に感動しました。
各ハウスメーカーさんの住宅もそれぞれに特化した部分があり良かったのですが、さくらさんは、全体の性能がバランス良く欲しいものが全て備わっているといった印象がありました。

株式会社さくらでの家づくりを決めた理由(決め手となったポイト)は何でしょうか?

決め手は、営業担当のお人柄です。某ハウスメーカーの営業マンは、押し売り的な部分があって威圧感がありましたが、 それに反して野田さんは、ガンガン営業というイメージが全くないところがとても素敵でした。
多くは語らず気になる点をお伺いすると、とても詳しく説明いただき知識の多さに安心しました。

家づくりのテーマはありましたか?

テーマは、住みやすくて楽しい家です。
夫婦互いに作りたい家の好みが異なってしまい・・・。 主人は、ストーン調スタイリッシュなイメージを好み、私はウッド調のログハウスのような優しいナチュラルな雰囲気を好みました。まるで好みが真逆であったため、各々の作りたい希望をひとつずつ取り入れて融合し、好きなものを詰め込んだ家へと上手くまとめました。

家づくりで特にこだわった部分、ポイントを教えてください。

日々の暮らしを効率よくラクに生活できる家にしたくて、生活動線や家事動線を考慮した間取りにこだわりました。 キッチンを中心とした回遊できる間取りを設けることで家の中をクルクルと回れることができるため、アクセスできる場所が多く動線が短くなって移動がスムーズです。
回遊型の間取りを採用したことによりストレスフリーな快適空間になりました。その他のこだわった点と言えば、見た目重視なデザインと色合いです!!

間取りやデザインで特に自慢したいポイントはどこですか?

まず、趣味を楽しむ空間として映画好きの主人が望んだサンクンを取り入れたシアタールームとステップフロアに設けた アニメコーナーです。休日のリフレッシュに最適です。
また、作ってよかったと思える場所のひとつにLDKに設けた大きな可動棚があります。何でも収納できるフリースペースとして日常生活のパントリー的な役目を果たしています。
上げ下げが簡単なロールスクリーンを取り付けたことで目隠しとなり、生活感を感じさせないスッキリとしたお洒落な空間となるよう工夫を凝らしました。その他にも、デザインと機能性に優れたエコカラットという壁材をTVボード背面壁に施しインテリア要素を取り入れました。また、夫婦二人の好みを掛け合わせたキッチンは、アイランド部分をグレーのストーン調に、そしてカップボードは、ウッド調を選びオリジナルな雰囲気でゾーニングしました。
キッチンの下がり天井は、木目クロスを施工することでアクセントを際立たせたところもポイントです。

以前の暮らしと比べて変わったと感じるところはありますか?

一番変わったと感じる点は、家事効率が断然良くなりました。
例えば、ユーティリティを設けたことで家事が集約でき、お洗濯→干す→アイロンがけ→片づける等、一連の作業が効率よく家事ラクになりました。
また家全体が床暖房ではないのに足元から暖かく、家中どこに行ってもほぼ温度が一定に保たれているため、本当に居心地が良く快適です。第1種換気システム「エクリア」の性能と空気環境の良さを肌で感じています。

家の中でお気に入りの場所や過ごし方はありますか?

考えてみれば全てがお気に入りの場所になっています。
仕事疲れの帰宅後は、リビングのソファでTVを見ながらくつろぎ、休日には、趣味スペースで思いっきり楽しんで、お気に入りの天然木テーブルでブレイクタイム、豊かな時間を過ごしています。
和室は、多目的に使えてとても重宝しています。来客用はもちろんですが、なかなか外で運動がしづらい昨今、ストレッチポールで体幹を鍛えたり腹筋を頑張ったりと、ちょっとした運動スペースにも使えて畳の良さを感じています。

出来上がっていくお住まいを見て、感じたことはありますか?

基礎が完成した現場を目にすると思いのほか小さく感じ、この狭さで大丈夫なのかと少し不安になりましたが、 時の経過と共にその不安も解消し、住んでみると広くて今思えばその感覚が不思議でした。打ち合わせでは、完成をパースでイメージするも思い描いた家になるのかな?とクロスが貼られるまで、 色合いをはじめとする空間全体の雰囲気が気掛かりでしたが、思い通りに仕上がり嬉しく思います。家が完成に近付くにつれて、嬉しい反面、楽しかった設計部の井下さんとの打ち合わせ工程が終わると思うと少し寂しさも覚えました。
建築中、大工さんとコミュニケーションが図れたことも楽しかったです。

担当者から記憶に残る提案はありましたか?

住宅に関連するいろんなアドバイスをいただきました。
例えば目に見えない安心構造では、制震性能について2種類のダンパーの違いを教えていただきました。 また、資金面で大事な住宅ローンについても多くのことを教えていただき本当に役立ちました。

家づくりを検討している方へ向けてお願いします。

SNSをフルに活用することをお勧めします。
例えば、インスタグラムやピンタレストを活用して家づくりのイメージを明確にし、お気に入り画像をさくらさんと共有することで、作りたい家に近い雰囲気をわかりやすく伝える事ができました。
マイホームは、一生ものです。予算を考慮しつつ後悔しないように絶対に欲しいものは妥協せず取り入れることも大事だと思いました。自分たちの希望をちゃんと聞いて叶えてくれる本当の自由設計ができるさくらさんのような会社選びも重要ではないかと思います。

 

このインタビューを見ている人はこちらもチェックしています

広いリビングでのびのび遊ぶ子どもたち。
笑顔が増えました。

VIEW MORE

家中があたたかい
光が溢れるサンクンリビングの家。

VIEW MORE

間仕切りのないオープンな暮らし。
開放感を楽しむ明るい家。

VIEW MORE

 
ご来場予約プレゼントキャンペーン