Information
お知らせ
新型コロナウイルス感染症対策に関するお知らせ

弊社ではお客様に安心してご来場いただけるよう、細心の注意を払って感染予防対策に取り組んでいます。

詳細はこちら>

富山県 HD様邸・お客様インタビュー

INTERVIEW

お客様インタビュー
 
 

白を基調にしたシンプルな空間、
プライベートが守られた家。

富山県 HD様

2件目の家をなぜ建てようとお考えになったのですか?

1件目の家は、オシャレ重視で建ててしまった結果、子供が生まれるとライフスタイルに変化が生じ、 生活スタイルにあった子育てのしやすい住まいを考えるようになったことがきっかけでした。

株式会社さくらを知ったきっかけは何でしょうか?

前回も(株)さくらさんで建ててもらっていて、その時は「家づくりの本」が出会いでした。 お付き合いが長いということもあって、何でも相談しやすく安心感があります。今回も以前担当いただいた営業部の湯浅専務と工務部の伊藤さんにお願いできたらいいなと 思っていました。

以前の暮らしでどのようなところに
不便さや住みづらさを感じましたか?

以前の住まいでは、インテリア性とデザイン性に魅力を感じ螺旋階段にしましたが、回転しながらの上り下りは、生活してみると利便性に欠けることもありました。
たとえば、来客に洗濯物が目につかないよう2階ににサンルームを設置しましたが、洗濯物を持っての上り下りは少々大変でした。

土地に関してどのような希望をお持ちでしたか?

以前は、分譲地に建てましたが、今回は近隣にあまり住宅がなく隣接していない広い土地を探していました。
さくらさんからご提案いただいた土地は、バッチリ希望が叶っていました。

担当アドバイザーの印象はいかがでしたか?

設計部の井下さんは、センスが光る方です☆!!
私達らしい空間づくりのために「toolbox」サイトを教えていただいたり、いろいろなご提案いただいく中で、理想的な暮らしをイメージできました。
また、浴室は、窓があるべきものと思っていましたが、換気機能が優れているので「無くても良いのでは?」という記憶に残るアドバイスがありました。結果、窓を省くことでお掃除がとても楽になり正解でした!!

家づくりのテーマはありましたか?

テーマは、周囲からの視線を気にしない、プライベートが守られた空間で、ノーカーテン、ノーブラインドの生活です。そのため、道路に面した側には、思い切って窓を設けないという選択をしました。
室内は、白を基調にした物をあまり置かないスッキリとしたシンプルな空間がテーマでした。

外観のイメージはありましたか?

まず、窓がない(少ない)外観。平屋風の外観。
そして、外壁ですが、以前は黒色のサイディングにしていたため、今回は、ガルバリウム鋼板を希望していました。
色の選択からはじめ、いくつかの物件を見ましたが、ネイビーが好印象でした。
モスグリーンと迷ったのですが、相談の結果、スタイリッシュなネイビーに決定しました。

家づくりでこだわった部分・ポイントを教えてください。

オリジナリティな雰囲気を出したくて照明のスイッチにこだわりました。
教えていただいた「toolbox」を参考にしてトグルスイッチを選びました。
また、配線やコンセントを収納スペースの中に設置し、見えないように工夫を凝らしました。
その他、掃除がしやすい家が良いなと思って、すべてうわ吊り戸に。
そうすることで一切床にレールが設置されずフラットなため、溝にホコリなど溜まることがなく、ラクラクお掃除ができます。
これからは、お掃除ロボットが効果的に使用できるんじゃないかと。(笑)
また、床と言えばフローリングが一般的かもしれませんが、キズに強い塩ビタイルを採用しました。
そして、冬場に備えて、雪が積もることを前提に、玄関ポーチと中庭デッキ部分には融雪装置を設置した点もこだわりポイントです。

お家の中で、お気に入りの場所はありますか?

すべてに満足しています。
温度差バリアフリーであるため、ほぼほぼどこにいても一定の温度で快適です。
吹き抜けのリビングやカーテンレスでの生活、キッチン背面の家電も隠せる大容量のパントリー収納スペース、プライバシーが守られた中庭、主寝室のウォークインクローク、屋根裏の収納スペースなど…他にもたくさんあります!
朝起きてリビングに来ると、「今日は天気がいいなぁ~」「あっ、今日は雨だな」とその日の天候が、すぐにわかるところも気に入っています。

住み始めてから、一番変わったと感じるところはありますか?

家事をしながら子どもを見ることができて、ライフスタイルにあった生活に変化しました。
動線の使い勝手が良く、今は、1階だけの生活でも十分なため、家事や育児がスムーズにできるようになり、思い切って住み替えて良かったです。
広いリビングで子どもが走り回る姿をとても嬉しく思います。

家づくりを検討されている方へ向けて一言お願いします。

家事のしやすい間取りを中心に収納スペースの在り方を考えて、後悔や反省点がない満足できる家づくりをぜひ楽しんでください。

 

このインタビューを見ている人はこちらもチェックしています

木のぬくもりが感じられる
今も将来も快適に過ごせる家。

VIEW MORE

お気に入りの色に包まれた
使いやすい収納と家事がしやすい家。

VIEW MORE

住まいにマッチする照明にこだわりを。
子供がのびのび遊べる家。

VIEW MORE

 
ご来場予約プレゼントキャンペーン